TOP 会社概要 業務内容と許可 車両と容器 電子マニ ISO14001 動物慰霊祭 社長の道楽

特別管理産業廃棄物(感染性廃棄物)・産業廃棄物・一般廃棄物の収集運搬

電子マニフェスト及び廃棄物トレーサビリティについて

 電子マニフェストと廃棄物トレーサビリティーについて


弊社では、電子マニフェスト(JWNET)の推進を積極的に取り組んでいます。
パソコンを利用した運用のほかに、ハンディーターミナルをを利用したEDI版も利用可能です。
また、廃棄物容器にQRシールを貼り、廃棄物の個体管理も利用可能です。

お知らせ:JWNET年間利用料はJWNETのページを参照願います。
 紙マニフェストに比べ管理や保管が便利な、電子マニフェストの導入検討をお願いします。
                           
          
 トレーサビリティの運用事例(QRシール・個体管理の場合)

1.廃棄物の排出・収集時、容器にQRシールを貼り、ハンディーターミナルで必要な情報を読み込み、
 タブレットなどの端末で回収情報をASPサーバーに送信します。
 
2.中間処理場への荷卸し時及び、処分時に、QRシール情報を読み込みASPサーバーに送信します。
 
3.その情報は、排出者様、リバース、処分場のパソコンで確認でき、JWNETとも連動可能で、電子マニフェスト
 にも対応しています。

 
Copyright(C)2008 Rebirth all rights reserved.